最近、面接時によく耳にするのが、「ここのお店はマイナンバーの提出が必要ですか?」とフレーズです


去年から実施されたマイナンバー制度で、水商売風俗で働く女性に取ってかなり厳しい法律のように思います。社会人はもしっかりと税金を納めましょう・・・と云う事ですが、風俗キャバクラで働く女性に取ってはもっと重要で厳しい事があります


風俗キャバクラで働いている女性は世間的に公にできない女性が多いので、両親、親戚、知人、学校、保育園、幼稚園等に浮き彫りになってしまうと云う事です。風俗キャバクラで働く女性の大半が顔バレを避けて稼いでいるのですから、このマイナンバーの制度は顕著にこう云った問題が出てしまうと云う事です


ですから、マイナンバーを気にして、水商売風俗で働く女性が昨年より減ってきているように感じます


ですが、こういった問題を回避してくれるお店もLINE GROUPを始め、数多くありますので、面接に行く前に自分で勝手に決めて行かないより、まずは面接に行って相談してみる事が大切です。必ず、いい方法を提案して頂けると思いますよ